破産|堺市北区中百舌鳥(なかもず)にある堺北法律事務所

破産

 

破産について、よくあるご相談としては次のようなものがあります。

 

それぞれのご相談者の方に応じたご説明をいたしますので、お気軽にご相談ください。

 

相談内容

弁護士による対応

【借金をなくしたい】

借金が多すぎて返済できないので、借金をなくしたい。

裁判所に破産の申立てをすることにより、借金をゼロにすることが可能です。
【債権者からの連絡を止めたい】

支払期限までに借金の返済ができていないため、債権者から催促の電話がかかってくる。

弁護士が依頼を受けた場合、弁護士から各債権者に対して受任通知を出すことにより、債権者からの連絡が、依頼者の方やご家族に直接来ないようにすることが可能です。
【破産した場合のメリット・デメリット】

破産をした場合のメリット、デメリットを知りたい。

メリットとしては、借金がゼロになることがあげられます。

デメリットとしては、通常、自宅などの財産を手放さなければならないことがあげられます。もっとも、最低限、生活に必要と考えられる財産を残すことは可能ですので、ご相談ください。

【ギャンブルや浪費により借金ができてしまった場合】

ギャンブルや浪費が原因で借金をしてしまった場合でも、破産できるか。

裁判所に対して、借金をしてしまった原因をきちんと説明することにより、破産が認められる場合があります。
【破産以外の方法により借金を減らす方法】

破産をしないで借金を減らす方法はないか。

安定した収入がある方については、裁判所に個人再生の申立てをすることにより、借金の額を減らした上で、分割して返済することが可能です(個人再生)。

また、裁判所の手続によらない方法としては、各債権者と話合いをして、今後の利息をカットしてもらった上で、返済のペースを変えることが考えられます(任意整理)。

費用

 

破産手続をする場合に必要な費用は次のとおりです。

 

もっとも、この費用はあくまでも目安ですので、実際の費用についてはご相談ください。

 

なお、収入等が一定額以下の場合には、「法テラス」という費用を立て替えてもらえる制度が使えますので、ご相談ください。

 

初回相談料

無料

着手金

個人:30万円〜(+税) ※管財事件になるかどうかにより異なります
法人:50万円〜(+税) ※法人の規模により異なります

報酬

なし

実費

コピー代、切手代、印紙代等

裁判所に納める予納金

管財事件になる場合には、裁判所に納める予納金が必要です

弁護士紹介 業務内容・費用 アクセス ご予約フォーム